ジャンクスリープ
2007年9月 1日

この"ジャンクスリープ"という概念、
子供だけではなく大人でも同様に危惧れされます。

現在、子供にも同様に危機的な睡眠、、、、
"ジャンクスリープ"
広がっているんですよね。

***********************************************
ガジェットがもたらす「ジャンクスリープ」、専門家が警鐘。
 
「ジャンクスリープ」は10代の子を持つ保護者にとって、
ジャンクフードに匹敵する大きな懸念になるかもしれない
――英国の団体が、このような調査結果を発表した。

睡眠に関する助言を提供する団体Sleep Councilは、
12~16歳の子供1000人を対象に実施した調査で、
若者の間でのガジェットブームが睡眠の長さと質に悪影
響をもたらしていることが示されたと報告している。 
同団体によると、学校がある日の前夜に十分な睡眠を
取っていない子供が多く、30%は睡眠時間が4~7時間という
(推奨される睡眠時間は8~9時間)。
また23%は週に1回以上、テレビを見ながら、音楽を聴きながら、
あるいはほかの機器を使いながら眠りにつくと答えた。

98.5%の子供は、寝室に電話、音楽再生機器、
テレビのいずれかがあり、寝室にすべてあると答えた子供は、65.3%に上った。
およそ5人に1人が、テレビやコンピュータをつけっぱなしにしていることで、
自分の睡眠の質に影響が出ていることを認めた。

英国の睡眠専門家クリス・イディコウスキー氏は、
これは憂慮すべきトレンドだとし、こうした睡眠を、
脳に学校での活動に必要な休息を与えるのに
十分な長さも質もない「ジャンクスリープ」だとしている。

「残念なことに、睡眠はジャンクフードと同じ道をたどっているようだ。
ジャンクスリープはジャンクフードのようになるかもしれない。
健康な食事だけでなく、健康な睡眠も含めた健康なライフスタイルを
子供に教える必要がある。伝えるべきことは単純だ。
ガジェットの電源を切って、もっと寝なさい、ということだ」(同氏)

8月29日
***********************************************


ジャンクフードではなく、スローフード、
ジャンクスリープではなく、グッドスリープ、
これが、人間の基本だと思います。

皆さんの睡眠は大丈夫ですか???

私も、ジャンク化傾向あるので、ちょっと気をつけます。

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群

寝具の重要性
2007年7月23日

睡眠は、その方の本来持っている能力・実力
・体力・知力、、、、様々な能力にとってとても重要です。
睡眠時間を削って得るものはあまりありません。

“早く寝ましょう、たっぷり寝ましょう!“
自分でもなんとか早く寝ようとしています。
ただこの時期、暑くて、湿度が高くて、
ムシムシして寝にくいですよね(^_^;)

睡眠が大事、でも寝にくい。。。

私は睡眠に関わる医師として、
“睡眠が大事“な事をあちこちで講演している立場なんですが、、、、
ほんと情けないほど夏場は寝苦しい夜を過ごしていました。

快眠のこつ“では、寝室の環境には結構言及していますが、
実際寝ている人間が一番接する寝具については、あまり言及されていません。

実際私も夏場は、タイマーを使って扇風機や、エアコンを駆使していましたが、
それでも暑さで目が覚めたり、知らないうちに反対向いてたり、
寝具から外れて寝ていたり、、、。

よく考えると、布団。
敷布団や掛け布団の吸湿性が悪ければ、
いくらエアコンで冷やしても身体が接する部分が、
熱をもって、しかもそうでない部分はエアコンで寒い。。。
よくある、暑くて布団はがして、寒くて起きる、、、
こんな感じでした。。

そこで、夏場の蒸し暑い時期の対策として吸湿のよくて、熱放出のよい、
敷布団と掛け布団(ガーゼ素材のもので高価なものではありません)
に変えてみました。

実際に使ってみてびっくり、、、。

寝相が悪いと思っていた自分が、
朝起きたときにそのままの姿勢で寝ていました。
もちろん暑さによる寝苦しさもほとんど感じず、
ほんとよく寝れています。
睡眠衛生の中で、寝る時間帯、寝るまでの過ごし方、睡眠時間、精神状態、飲酒などについての対策も重要ですが、
寝る環境についてもう一度見直してみては如何でしょうか。これは寝室内の環境がよく取り上げられますが、
布団内の環境も、とても重要だと痛感しています。

参考ブログ
めざせ良質の睡眠 ~老舗ふとん屋が発信する快眠情報~
http://ameblo.jp/yanamamma/

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群

睡眠と健康について
2007年7月12日

人が生きていく上で欠かせない睡眠は美容や健康、子供の成長に大きく影響し、
生活習慣病の原因となる肥満にも深い関りがあります。

今後睡眠と健康をテーマに当院スタッフが不定期ですが更新していこうと思いますので、ちょこちょこ覗きに来てくださいね♪

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群

大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療 全ての記事一覧ページへ
ページの上へ