大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
朝日新聞の全国版に記事が掲載されました。
2009年9月19日

睡眠時無呼吸症候群、気道を広げる療法試したら
睡魔や頭痛から開放感

------------------------------
就寝中に突然、呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群。
昼間に眠くなり、仕事に支障が出たり、交通事故を起こしたりする侮れない病気だ。
最近の研究で、様々な生活習慣病を引き起こす危険があることもわかってきた。
決して、肥満の人だけの病気ではない。
自らの治療体験を報告する。(坪谷秀紀)
--(一部抜粋)-----------------
詳しくは、下記PDFデータをダウンロードの上、
印刷などされましてご閲覧下さいませ。
http://www.osaka-sleep.com/photo/sleep.pdf

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群

大阪 睡眠時無呼吸症候群 治療 全ての記事一覧ページへ
ページの上へ