大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
睡眠関連ニュース
2007年2月 3日

寝た方が覚える 米ハーバード大、単語テストで実験

記憶は睡眠によって補強されることを米ハーバード大のチームが実験で確かめ、
2007年5月の米神経学会の年次総会で発表された。

18~30歳の健康な男女48人に、20ペアの単語を記憶してもらい、
12時間後にペアをどれだけ覚えていられたか調べた。

朝9時に記憶後ずっと起きたままでいて夜9時にテストする「覚醒(かくせい)組」と、
夜9時に記憶後眠って朝9時にテストをする「睡眠組」に分けた。

さらにそれぞれの組の半数の人には記憶後に、
片方だけがテスト対象とは違う20ペアの単語を見せて、記憶を妨害した。

妨害のない場合で、睡眠組の成績は覚醒組より12%ほどよかった。
妨害した場合では、睡眠組の成績は覚醒組を44%も上回っていたという。

同大のジェフリー・エレンボーゲン博士は「睡眠障害があると、
認知症の記憶障害などを悪化させる恐れがある」と指摘している。

徹夜でテストに臨むより、
勉強した後に充分に眠った方がテストの成績はよくなる可能性を示唆しています。

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群

大阪 睡眠時無呼吸症候群 治療 全ての記事一覧ページへ
ページの上へ