大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック

秋の花粉症
2010年10月22日

こんにちは♪

ここ数日、ずっとクシャミをして鼻を嚊みながら仕事をしている検査技師スタッフです。
最近、ようやく秋の涼しい風を感じるようになりましたね。
どうやら私の鼻の症状は秋の花粉症ではないかと思っています。
花粉症は秋にもあるのですよー。

9月~10月にかけての秋は、イネ科や、雑草類(ブタクサ、ヨモギ)などの花粉が飛散する時期です。この花粉が原因でアレルギー性鼻炎などを引き起こす花粉症は、スギ、ヒノキ花粉の飛散時期である春についで秋に多く発症するといわれているそうです。

一般的にスギ花粉症に比べ、その飛散量も少なく、高い木であるスギと異なって草花であって飛散範囲もあまり広くはないため、春の花粉症ほど症状はひどくならないと言われています。

私はきちんと検査をしたことはないので、何の花粉に対してアレルギーを起こしているかは不明なのですが・・・

そんな花粉症持ちの我々に先週衝撃のニュースが報道されましたね。
日本気象協会の発表によると、今年の夏は猛暑の日が続いた影響でスギやヒノキの花芽の成長量が多く、近畿・東海の一部は来年春の花粉飛散量がなんと今年の春の10倍以上の予測だそうですΣ( ̄□ ̄;
あぁぁ・・・、聞くだけですでに鼻がむずむずしてきそうです(笑)

花粉症の治療はひどくなってからでは遅いらしいので、花粉の飛散が本格化する前に
医療機関を受診したほうがよいみたいです。
CPAPを使用中の花粉症がある方は来年の春はホントに辛い戦いになりそうですねぇ…。

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

職場でできるマッサージ健康法
2010年09月25日

こんにちは、検査技師です☆

今年の夏は、猛暑が長引きました(^_^;) 
9月に入っても31~34度と厳しい残暑が続き部屋ではエアコンがフル稼働です。
光熱費が・・・・。
ただ、先週あたりからは朝晩とさわやかで過ごしやすく、空も秋の空気に変わりつつあって、暮れるのも早くなってきたように思います。でも、もう10月が来るというのにTシャツで過ごせるなんて変な感じです。

みなさん、暑っつ~い屋外とキンキンに冷えた室内の温度差で、体調を崩されたり、肩が凝ったり、疲れがとれないってことがあるのではないでしょうか??
で今ゴルフが流行っているのでゴルフボールを使って職場でできるマッサージ健康法をご紹介します。

ゴルフボールで足裏マッサージをしてみましょう♪♪

足の裏にはたくさんのツボがあります。仕事中や家でくつろいでテレビを見ているとき、パソコンでメールの返信をしている時などでも、「ながら」出来る健康法です。
低価格で出来る足裏健康法ですね。

これからゴルフを始めようと思う方は、ホームセンターやゴルフ用品売り場に行くと池に落ちてしまったものやOBになり回収されたロストボールが格安で手に入りますし、またゴルフをされてる方も多いと思うので職場やお家に転がってないでしょうか (笑)

上半身はキチンと職務を果たしながら、足の裏を刺激して、仕事と疲労回復を同時進行させてしまう作戦です。

足の裏には、体の各機能を活性化するツボがたくさんあり、集中力を高めるには、脳の動きを助ける土踏まずのあたりを刺激すると、疲れた脳が改善されます。

机の下にゴルフボールを用意しておき、集中力が落ちてきたなと思ったら、靴を脱いで足でコロコロ転がしながら土踏まずを刺激してあげればいいのです。
簡単で気持ちいいので、土踏まず以外でも、ちょっと押して痛いなと感じる所を刺激してあげましょう。

10月に入って平年通り寒くなってきます。夏の長引いた暑さにバテた体力をゴルフボールで回復させておきましょう~☆☆ (笑)

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

セミ
2010年08月31日

セミの幼虫は日の入り時刻の少し前、穴から外の様子をうかがっています。

夕方、地上に出てきて羽化するための場所を探し、日が沈んだころには、見つけた木に登りはじめます。そしてベストポジションをみつけると、一旦、逆さまになってひとやすみ。
じっと動かなくなり、やがて背中が割れ始め、お腹の部分を除いて、体のほとんどが殻から出てきます。

この時、セミは全くの無防備で、鳥などの敵に襲われるとひとたまりもありません。
また殻から落ちてしまう確率の最も高い時です。
セミの体は、お腹の端の部分でわずかに引っかかっているだけなので、たまたま風が強く吹いたりすると落ちてしまいます。

この状態に来るまで相当体力を使うらしく、ほとんどのセミが30分ほど休みます。
そしてセミが動き始める時は、突然で素早く、今まで休んでいたのが、足をもそもそ動かし始めたかと思うと、10秒ほどで起き上がり始めます。

抜け殻の頭部に足をかけるとお腹の残りの部分を一気に抜きます。
そうなるとセミの体は重力に従って頭を上にお腹を下にした自然な形になります。
それからセミは重力を利用して体液を羽に送りはじめます。
その後体は茶色味をおび、大分硬くもなり、羽も動かすことは出来ますが、まだ飛ぶことは出来ません。

夜中の2時頃までに、ほとんどのセミがここまできます。これ以上遅くなると、飛べるようになるまでに夜明けを迎えてしまい、朝の早い小鳥たちの絶好の餌となってしまうからです。

セミの羽化に適しているのは、ある程度背丈のある木の、枝の先端の葉の裏らしく、時には団子3兄弟のように1枚の葉っぱに3匹が折り重なるように付いている時もあります。
しかし、人間と同じくセミにも慌て者がいるらしく、時には草に登ったり、建物のコンクリートにつかまり羽化するものもいるようです。

先日、そんなセミの羽化の一部始終をTVで見て、とても感動しました。
今まで、セミの声はただでさえ暑いのに、「ミーン×∞ うるさいな!」と思っていました。
でも約6年もの間を土の中で過ごし、一生懸命一人で羽化して、その後は一週間くらいしか生きられません。

けなげな羽化の映像を目の当たりにし、命のはかなさを改めて実感してからは、セミの声も、短い命を一生懸命生きる力強い声のように感じられるようになりました。

盛りが過ぎる頃には、色々な所に寿命を全うした、たくさんのセミが落ちています。
こんなことを考え出したらきりがないけど、懸命に生きた小さな命が、何とも思われずに無視され、踏まれてつぶれているのを見るは、やっぱり切ないです。

まだまだ暑いですが、そういえばいつの間にかセミの声も聞こえなくなり、夜には秋の虫が鳴き始めています。
こんなに暑いのはこりごりだけど、また来年の夏も、セミが元気にたくさん鳴いているといいなと思います。

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

水・陸の有酸素運動
2010年07月29日

こんにちは☆ 検査技師です。

ジメジメした梅雨が明けたら今度は日差しが痛いほどの夏日がやってきましたね。
みなさん体調はどうですか。熱中症対策はしっかりしてくださいね。

私は7月に2つばかりのスポーツイベントに参加してきました。

1つ目は「24時間リレーマラソン」です。
これは、1人1周1.7kmを1チーム(今回は15名)でタスキを繋いで走り、24時間の総周回数を競うものです。
1人で24時間走るわけではないので、実際には1人10回ほど出番が回ってきます。
私たちのチームは速く走ることを目標にしていません。
ゆっくりでいいので確実にタスキを繋ぎ、全員無事にゴールの瞬間を迎えることを目標にしていました。

今回は、後に記述するスイムリレーの練習ばかりしていたので走る練習がほとんどできませんでしたが、陸の有酸素運動としてジョギングはダイエットにお勧めです。
膝が悪いようでしたら無理はいけません。そんな時はウォーキングもいいでしょう。
陸の有酸素運動として結果が出やすい運動だと思います。

いずれにせよ、軽中度の負荷で長い時間の運動が有効です。
そういう点では、今回の24時間リレーマラソンは本当に有酸素運動祭りだったと思います。
大阪城公園も近いことですし、ダイエットをされたい方は秋になったら軽いジョギングもしくはウォーキングを始められてはいかがでしょうか。
秋になったらスタッフも大阪城公園のコースを走りますので一緒に頑張りましょう。

2つ目は「6時間スイムリレー」です。
これは1人30分ずつ泳いで次の泳者に繋ぎ、6人回ったらもう一回30分ずつ泳いで、
6時間の合計距離を競うリレーです。

速く泳ぐ必要はなく、ゆっくりでいいので30分止まらずに泳ぐのがルールです。
普段から30分連続で泳ぐことがなかったので、この日のために週に一度、長く泳ぐ練習をしてきました。
正直言うと、最初は50M泳ぐだけでしんどかったです。
「これで30分連続で、しかも2回も泳ぐなんてできるのか」と不安でした。
が、継続していくうちに気づけばいつの間にか30分泳げるようになっていました。
最初の10分までを何とか泳ぐと不思議とそれなりに呼吸が整ってきて「30分も1時間も同じように泳げる」という噂が本当であることがわかりました。

こんな私ですが、数年前までは25Mすら泳げませんでした。
だって、息継ぎができなかったから。
「ゆっくり綺麗に泳ぎたい」というスイムスタイルを目指し、数年かけてここまでできるようになったことは、今振り返ってみてわかったことです。やっている時は必死なのでわかりません。

CPAPも、最初は慣れなくて途中でよく外してしまうこともあるでしょう。
だからと言って、最初から装着するのを諦めないでください。
途中で外しても(外れても)いいので、寝る時はCPAPを使うことを習慣にしてください。
そして振り返ってみた時に「なんだかんだでCPAP使ってることが多いな」というようになってほしいのです。

さて、私の次のスポーツイベントは、秋に宮古島の海で1.5km泳ぐというレースがあります。
都島じゃないですよ。沖縄の宮古島です。えらい違いです。
スイムリレーが終わって気が抜けて全然泳いでないので、また1からの練習ですが、継続することで結果が出ることを信じてゆるゆる頑張ろうと思います。

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

ホタル観賞
2010年06月25日

梅雨に入り、蒸し暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
どうも、検査技師です(´▽`)

私事ですが先日、太閤園でホタルをみてきました。
初めてお邪魔したのですが、いい感じの庭園ですね♪

何箇所かホタル観賞スポットがあるのですが、よく見ないと見逃してしまう程です。
ホームページを覗いてみると、ホタルの種類はヘイケボタルとのことで、一般的に私たちがホタルとして認識しているゲンジボタルと比べれば、発光は弱いようです。

私は毎年、ホタル観賞にでかけるのですが、今年も例年通りみてきました。
ちなみに、そこに生息するのはゲンジボタルになります。
私が行く時はタイミングが悪いと言われますが、この間はグッドタイミングだったようです。
その日は、今まで私が観たものとは比べものにはならない程の数のホタルがいました。
夜も遅かったので人も少なく、その幻想的な光景を静かに観賞できました。
ただ私には、飛び交うホタル達がUFOに見えて仕方ありませんでしたが(趣も何もない)。

ホタル観賞のベストポイントは、暗くて湿度の高い川辺や田んぼで、水がきれいな所です。
歌にある『甘い水』というのは、砂糖水などを言っているのではなく、汚染されていない水という意味とのことです。

また無知な人は、ライトを点滅させて、ホタルの発光を誘発させようとします。
しかし、発光は体力を有する行為であり、必要以上の発光は寿命を縮めてしまいます。
ちなみに、ホタルが成虫になって生きられるのは、わずか10日前後。
その間に、子孫を残すため、オスは相手を必死に捜し求めるのです。
人間の婚活なんて比べものになりません。

私が訪れるスポットはある住宅街の川辺なのですが、見上げると分譲住宅建築の幟があり、さらには大きな道路もできるらしいとのこと。
人間の利便性の追求により、彼らは棲家を縮小させられるわけで、それを思うと、人間は自然にとって必要な存在なのだろうかと疑問を感じます。
大昔はどんなに空気が澄んで、水がきれいで、夜空には星が輝いていたのだろうとふと考えては、そんな時代に思いを馳せます。

様々な思いを巡らせながら、彼らの小さいけどたくましい命の灯火を、私は厳かな気持ちで見つめるのでした。

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療 全ての記事一覧ページへ
ページの上へ