大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
金剛山
2019年7月25日

先日、何を思ったか急な思いつきで"金剛山"を登頂して来ました。
近場で軽くハイキングの出来る所を探していて行きついたのが金剛山でした。私事ですが3回目の登頂です。1回目はまだ小さい頃だった為かすかな記憶しかありません。2回目は中学生の時の学校行事でその時の記憶は鮮明に覚えていて、冬山でアイゼンを装着して雪の降り積もる中での登山でした。寒かっただろうに、若かった為かすごく楽しかった事を覚えています。そんな懐かしい記憶を頼りに、約20年ぶりに行って来ました。

体力の衰えに怯えながらのスタート。いろんなコースがあるようですが、一番スタンダードな階段ばかりの登りコースです。本当に階段が最後まで続いていました。が、意外と軽快に登ることが出来、元気に山頂へ。ライブカメラには残念ながら間に合いませんでしたが。ご存じの方も多いと思いますが、金剛山山頂には備え付けのカメラで1時間毎に自動的にシャッターが押され写真を撮ってくれるんです。そしてそれが金剛山のサイトにアップされる。山頂で出会ったおじさんは、奥さんへのアリバイの為にいつもカメラに写っているそうです(笑)。確かに。日時も同時に撮影されるので嘘偽りのない証拠ですね(笑)。毎月1回1人で登りに来るそうです。仕事も引退して老後の楽しみとして、私もこんなふうにのんびりと過ごしたいな、としみじみ思いました。
そして、自分たちで記念撮影をしながら、早々に下山。ロープウェイで優雅に下りようかと思っていたのですが、現在停止中のため仕方なく歩いての下山に。下りはひたすらアスファルトの道。しかもすごく急で滑りそうになるぐらい。ひたすらそんな道の為、ゴールする頃には膝ががくがく震えるほどでした。数日間筋肉痛にも悩まされました(笑)

でも、体を動かす事はいいですね。久しぶりのプチ登山で楽しく登る事が出来たので気分転換にもなって良かったです。次はライブカメラに写れるように時間調整して登ろうかなと思っています(^^)/ 

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

日々思うこと
2019年7月 2日

梅雨入りしてしまいましたね。雨女の技師です【≧ω≦o】o゛
私が所属する検査部門では、おめでたい話しが続く中、新しいメンバーも加わり、この数か月で一新され平均年齢の若返りを果たそうとしています。

私自身はそれなりのキャリアを積み、年齢は伏せておきますが、そんな若返りの輪の中に入ると自分が年を取ってしまったことを自覚させられ、私もこんな時代があったのかなぁと思ったり。いや、なかったと思う。

この睡眠の分野に新卒から場所を変え品を変え携わり続け、それなりに流れを見てきているわけですが、人々が避けては通れない、誰もが摂取する睡眠ですから、その悩みはなくなることはなく、今もなお増え続けているのが現状です。
当院は睡眠呼吸障害専門施設となりますので、いびきや無呼吸に悩まれて来院される方が対象となりますが、その方々がいなくなることは残念ながらありません。
最近、日本国内にも新しい治療法のお話しがでてきていますが、CPAPに代わる治療法となり得るのか注目されるところです。
CPAP療法は世界的にも認められている治療法ですが、自主性が求められることや鼻通りが確保されること、習慣化させる必要があること等々がネックとなるのではないでしょうか。強制されるものではなく強要できるものでもありません。私たちはただただお手伝いをするだけだと私は考えています。もし使用にお困りなら、何が原因なのかどうすれば解決するのか。
お電話でもメールでも、直接でも、紙に書いて持ってきてもらってもよいです。一緒に考えさせてください。

暑い日が続きますが、体調を崩されないよう、また元気なお姿をみせてください。
お待ちしております(^ω^)

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療 全ての記事一覧ページへ
ページの上へ
ホームへ戻る
ブログの最初へ戻る
月間アーカイブ
大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
最近のエントリー
大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
カテゴリー
大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック