大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
人間ドック
2014年9月30日

こんにちは、看護師です。
朝晩と日中との気温差に、何を着ていこうか迷う今日この頃。。
季節の変わり目は何かと体調を崩しやすいですが、
みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

10月の職員健診を前に、私は今年初めて人間ドックを受診しました。
職員健診と乳がん・子宮がん検診はほぼ毎年受けていますが、年齢的なこともあり、
念のため一度いろいろ調べておこう!と思い立ち、申し込んでいました。

結果、思いがけず2か所ひっかかってしまい、先日念のため精査を受けてきました。
人生初の胃カメラ(経口)・・・あんなにしんどいとは思いませんでした(>_<)

私は結構痛みには強い方で、検査も怖いとか不安に思うというより、
看護師として経験してみたいと思う方で、みんなが辛いという胃カメラも「大丈夫だろう♪」
とタカをくくっていました。が、反射は止められませんでした。。。
先生の腕?のせいか、私の咽頭反射が強いのか、先生が内視鏡を動かす度に、オエ~!
看護師さんに背中をさすられながら、「肩の力を抜いて~」「ゆっくり深呼吸して~」「目を開けて~」と言われて、したいのはやまやまですが、反射はどうにも止まりません。
私もたぶん、介助についていたら同じ声掛けをしていたと思いますが、
その時内心思っていたのは「この看護師さん、絶対胃カメラ受けたことないやろ~~」でした(笑)

もしかしたら経験済みで、声掛けどおりに実践してうまくできたのかもしれませんが、
上手な先生にしてもらっていたり、咽頭反射がそれほど強くなかったり、だったのでは・・・
とついつい思ってしまう私。どうやらうまくできなかった自分が悔しいようです(苦笑)

でも、勉強になりました。
経験がないことは、教科書などから得られた知識で対処するしかありません。
経験したくてもできないものはたくさんあります。
ケースバイケースなことも多いので、貴重な経験者の声をできるだけたくさん聴くこと、
「本当に?」「そんなことある?」ということも嘘や大袈裟と思い込むことなく、
尊重し受け入れ対応すること、当たり前かもしれませんが大切だなとあらためて思いました。

CPAPもそのひとつです。使用されていて、困ったことがあれば、遠慮なくご相談くださいね。
みなさまの経験からの声は、私たちにとってとても貴重ですので☆
(精査結果は今のところ異常なしでした♪)

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

Hallowe'en・Horror night・USJ
2014年9月24日

先日、USJに行ってきました!
ハロウィーンイベント時期であったのと日曜だったので、ハリーポッターエリアだけでなく、
他のエリアのホラーアトラクションも人!人!人!の言葉通りの混雑具合でした。

ハリーポッターのアトラクションとホラーナイトのアトラクションを1日で出来るだけ回りたかったので、ハリーポッターのエクスプレスパスを購入して行きました!
これがなかったら、数個しかアトラクションが体験出来ずに終わっていたと思います。

それでも13日の金曜日~ジェイソンのブラッド・ダイナー3~など
いくつかのアトラクションは行けませんでした・・・・
でもこれだけは行きたかったと思っていた、
チャッキーのホラーファクトリーとバイオハザードリアル2に行けたのでよかったです!
チャッキーはある意味とても怖かったです。
各お客さんと間隔をあけて入るのですが、入って数秒で前のお客さん達と団子状態になり、
前の前の前くらいのグループの女の子たちに先に行けというように背中を押され、
仕舞には私を友達と勘違いした他の女の子に腕を引っ張られ友達と離ればなれ・・・
私的には恐怖にかられた人の方が怖かったです・・・(苦笑)

その後、ゾンビ?がいる中、私はひとりで友達が来るのを待つはめに。
バイオハザードでは、きっとこれが本当なら私はすぐにゾンビに襲われて私もゾンビになるだろうなと思うくらい銃が打てませんでした・・・
銃のコツを掴んで打てるようになったころには、既に感染レベルMAXでしたから(笑)
そんなこんなですが、楽しいUSJでした!

最後にですが、皆さんがUSJに行く際は(他の人気遊園地でも同じですが)歩きやすく、
しかも疲れにくい靴で行くのがおススメです!
バイオハザードではヒールなどの人は入れない上に、すごく疲れるので、出来れば軽量型のクッション性のある中敷を敷いたスニーカーがおススメなので、是非試してください。
スニーカーで行っても夜にはふくらはぎがパンパンで、帰りには一歩一歩が意識しないと歩けない状態でしたから、ファッションよりも身体(脚)を大切にしてください。

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療 全ての記事一覧ページへ
ページの上へ