大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
くまもん2号
2012年3月30日

サクラが咲き始めて段々と心地よい季節になってきていますがいかがお過ごしでしょうか?
花粉症の方にとってはキツイ季節かと思いますが、私も最近目にかゆみとクシャミを覚え、花粉症の仲間入りかと憂鬱になっている近頃です。

熊本出身の私は、先日帰郷した際に県南の人吉へ行きました。
人吉はその名の通り人吉温泉と球磨焼酎が名物で、芸人の内村光良さんの故郷でもあります。
私はアルコールを好んで飲むほうではないため、どうしても食に走ってしまいます(笑)。
内村さんの親戚が営んでいらっしゃる蔵元では食事も出来、特に"だご汁"がおススメです。
もちろん酒蔵の見学も焼酎の販売もしていますので、焼酎好きにはたまらない場所の一つです。
また、食でお腹を満たした後には温泉で汗を流すのもおススメ!
こぢんまりとした浴場が多いですが、どの浴場も天然掛け流しで尚且つ肌がスベスベ。
なので、湯上りたまご肌でつい年齢を忘れさせてくれます。

また人吉は城下町でもあり、様々な城跡と今流行りの平清盛の長男の供養墓、そして西南戦争の場でも有名な場所でもあります。

先日増便した九州新幹線に乗って九州、特に熊本へ足を運んでみてください。

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

「親友の結婚」

先日、看護学校のときから仲良くしている友が結婚しました。かれこれ、20数年以上親しくしているので、彼女の晴れ姿をみたときは本当に感慨深かったです。私も早くいかないと、とその日ばかりはかなり焦りました。そして、私のテーブルでは同じ位の年の頃の看護師仲間(独身)が「40の花嫁もまだまだイケるイケる!」と繰り返し呟いていて、恐かった、いえ、これまたいろんな意味で感慨深かったです(苦笑)
 看護学校時代、ついこの間までそこらへんの高校生だった私たちに先生が「あなた達はもう普通の女の子じゃあないのよ!」と叱咤激励され、清拭、注射、採血、そして浣腸などクラスメイトとペアでの実習、もちろん患者さんと看護学生として知識を備えた上での関わりを求められます。学習する内容もはじめは全くもってちんぷんかんぷん。そんな厳しい学業や実習、人間関係など様々なストレス、重圧に押しつぶされそうになる日々で、「看護師になる!」という強い想いや目標を見失いかけることも一度や二度ではありませんでした。彼女と私は毎日のように京橋に寄り道をし、ファーストフードでがっつり食べながら、愚痴を言い慰めあい、励まし合いながら支え合ってきました。二人とも、親思いですので、帰宅後、母親の作ってくれた夕食ももちろん完食!その結果、試練の連続だった日々にも関わらず、お互い見事なまでの体型変化、体重増加をみとめました。あの頃は今より10キロ以上多かったのではないでしょうか(汗)。写真を見ると、かなり笑えます。
 その後、無事看護師となり、さらに厳しい環境で働くうち、お互い身も心もなんとかそれなりに引き締まってきました。それでも、やはり、愚痴ったり相談をするのは変わらずで、私は仕事や恋愛で悩んだときはいつも彼女に話を聞いてもらっています。彼女は聴き上手の笑い上戸で、いつもじっくり話を聞いてくれては、私のくだらない冗談に朗らかに笑ってくれます。そして、そんな中で私の気持ちもいつのまにかすっかり晴れてしまっているのです。そう、彼女は私の太陽のような存在でした。そんな素敵な友が、これからは旦那さまの太陽となって輝き、旦那さまを癒す存在となるのを、私は本当に嬉しく感じます。綺麗なウエディングドレス姿を見つめながら、本当に本当に幸せになってほしいと思いました。
 ただ、1つ困るのは、つるむ友達がまた1人減り、2人減り...いよいよ私とあともう1人だけになってしまったこと。自分がどんどんおひとりさま上手になっていきそうな気配がします。年を重ねるにつれ、1人では寂しいという想いと、1人の方が気楽だという想い、うーんと考えるうち、まぁしゃぁないわな~といういいかげんなところにいつも落ち着いてしまうのですが、ちょっと真剣に将来を考えなければなぁ、と思わされた親友の結婚でした。これから、なんとか努力して、またここで、幸せなご報告ができれば、などと思う今日この頃なのであります。

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

もうすぐ春です
2012年3月 6日

こんにちは☆ 検査技師です。
3月になり、暖かい日が少しずつ増えてきましたね。
大阪城公園の梅も開花が始まってきた頃ではないでしょうか。

先日私は、奈良東大寺・二月堂で行われている修二会(しゅにえ)を見に行きました。
土曜日というのもあって、たくさんの人が二月堂に向かって歩いていました。
現地に着くと、二月堂の真下はライブハウス並みのものすごい人だかり。

そして19時になり周りの照明が消されるとお松明の開始です。
火が付いた松明が二月堂に上がると、大量の火の粉が舞い落ちてきます。
ほどほどに風もあったので、舞い落ちてくる火の粉はとても幻想的でした。
時間は30分ほどでしたが、次回はもう少し早く現地に向かってもっと近くで見たいなと思いました。

奈良は京都と比べると電車の移動時間も短いので遊びに行きやすく、近鉄奈良駅近辺では年中通していろんなイベントがあるので楽しめるエリアだと思います。
また、京都ほど観光化されていないので、タイムトリップした感覚を味わえるエリアがたくさんあるところが奈良の素敵なところだと思います。

3月末頃からは春日大社や吉野を始め、桜が咲き始めます。
少し足を延ばして奈良でのお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療 全ての記事一覧ページへ
ページの上へ