大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
正しい快眠知識
2008年8月 7日

こんにちは~★検査技師です(^□^)

寝苦しい夏も本番を迎えましたが、皆様は快適な睡眠を確保できていますでしょうか?

私はというと朝までぐっすり寝るために、冷房を27℃・風量は微風・風向きは上向きで
タイマーはセットせず、朝には寒いぐらいの部屋で寝ています。
ただし体は布団をグルグル巻きに(またはパジャマで調整)して、
顔だけが涼しい状態にしておかないと体調を崩してしまうので注意が必要です(笑)
これが、明け方に冷房のタイマーが切れてサウナ状態の部屋で
汗だくで目が覚めるのが大嫌いな私の快眠法です☆笑
私の快眠法はさておき、正しい快眠知識を少し調べてみました~~

体温が下がると人は自然と眠くなります(雪山で、寝たら死ぬぞーと言うやつですね!?笑)

1 水分摂取: 体温を1℃下げるために、寝る前にコップ1杯程度の水を飲む。
         夜間のトイレを心配して水分を制限するのは逆効果なのです!!
2 軽運動負荷:寝る2~3(体力に自信がないかたは4~5)時間前に30分程早歩きをする。
         運動により体温を1℃上げ、1℃下がったときに眠りやすい方法
3 温水欲:ぬるま湯(40℃程度)に20分程入る。
       こちらも体温を1℃上げ、1℃下がったときに眠りやすい方法
4 頭部冷却:冷却枕を使い温度を下げる方法。(夏にお勧め)
        寝つきも良くなり、寝汗も少なくなる効果が得られます。
5 微気流:足元から1秒間に1.6m程の強さの風を送る。(夏にお勧め)
       寝汗も少なくなり、快眠環境が整います。

朝まで熟睡できない方、寝つきが良くない方、ぜひぜひ参考にしてみて下さいね♪

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

お盆休み
2008年8月 6日

みなさまこんにちは。受付です。
毎日暑い日が続きますが、夏バテなどされてないでしょうか?
水分補給を忘れずに、夏を楽しんで下さいね!

さて、内輪ネタで申し訳ないのですが、7月26日スタッフのKさんがご結婚され
2次会に他のスタッフと共に出席させて頂きました(●^o^●)
いつもニコニコしているKさんですが当日は本当に幸せいっぱいの笑顔で
とってもキレイで見ている私たちまで幸せな気持ちになりました。
パーティーの途中でKさんが習っているベリーダンスの先生と
一緒に習っている生徒さん
さらには新婦のKさんも一緒にベリーダンスを披露してくれたのですが
とっても素敵でみんなで興奮してしまいました。
そして痩せたKさんのウエストを見て私は「痩せなければ・・!!」
と危機感を感じた1日でした(~_~;)
Kさんお幸せに~☆
********************************************************************
さて当院では8月15日(金)~18日(月)までお盆休みを頂きます。
8月19日(火)から通常の診療に戻ります。
8月23日(土)、30日(土)はご予約で大変混み合ってきておりますので
土曜日ご希望の方は出来るだけ8月9日(土)にお越し下さいます様
ご協力お願い致します。

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

夏太り要注意です!!!
2008年8月 4日

毎日暑いですね~

夏の暑さで食欲が落ちて夏痩せすると言われますが、
最近夏痩せよりも夏太りする人が増えているとTVで言っていました。
夏に自然にかく汗は体温調節のためで、運動してかく汗のようにエネルギーは消費していないので痩せません。
身体を36℃の平熱に保つのに必要なエネルギー(基礎代謝)、
『夏は代謝が高そう!』という気がしますが、実は外気との温度差が少ないので、
基礎代謝量が低いのです。

『基礎代謝量が低い=消費エネルギーが少ない=太りやすい!』

『夏バテしないように焼肉!』
『暑いから身体が持たないし、いっぱい食べなきゃ』
と言っていると夏の終わりには体重が・・・><。

アイスクリーム・冷たいジュース・ビールが美味しいと思いますが、
暑いからと言って食べ過ぎ・飲みすぎに気を付けましょうね!

今月は生活習慣病教室(高血圧)があります。
8/20水曜日は、若干空きがありますので、参加希望の方はお早めにご予約ください。

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療 全ての記事一覧ページへ
ページの上へ