大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
メタボ脱出大作戦!
2008年4月30日

こんにちは。春ですね。
新年度を迎え、マスクリ看護師チームも頑張っていますよ(^.^)

生活習慣病教室も名前を新たにして、
「メタボ脱出大作戦!」健康♪でハッピー☆な毎日を送る為に今できる事
がテーマの教室を行っています。
前回の教室に今回は「検査」「メタボリックシンドローム」についての教室を追加した
全8回のシリーズになります。
また今回から希望の多かった土曜日にも開催します!

さっそく4月2日(水)と4月12日(土)に「知れば面白い、検査データの見方!」
の教室を開きましたので、報告します。

2日は7名 12日は10名の方が参加されました。
内容 身体測定・血圧・採血についての、
● 検査値の見方
● 異常値は何を疑うか、また、何に気をつけるか
● 食事から見た検査データ
普段何気なく受けている検査ですが、結果が返ってきた時正常範囲か、
異常か・・・で終わっていませんか?

検査の値が何を示しているかを知ることで、自分の体がどういう状態かがわかり、
今後の健康生活に役立てていただけると思います。
今回の教室を受けられた方も生活習慣を見直すきっかけになったようです。

また、今回はシリーズでは取り上げていなかった、脂肪肝についてもお話させていただきました。
高血圧や糖尿病などと同じように生活習慣が原因でなります。
こちらにも気をつけていきたいですね。

次回は『もう「メタボ」なんて言わせない!内臓脂肪を減らして健康になる方法』です。
4月からは通称メタボ検診も始まりました。が、
メタボメタボといわれますが、どういったものかご存知ですか?
この機会に参加して、学習し、いち早く抜け出しませんか??
5月21日水曜日11:30~ に若干空きがあります。どうぞお気軽に参加下さいませ。
(5月17日は満席になりました。)

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

保険証のお切り替え
2008年4月10日

こんにちは。受付です(*^_^*)

4月になって保険の改定があり、とまどい気味の患者様も多いのではないでしょうか?
わたし達も、新しいことや変更などでいっぱいいっぱいです…(^^ゞ
「後期高齢者医療」が始まり、新しい保険証が届いた方もいらっしゃると思います。
また、保険証の切り替えなど多い月になると思いますので、医療機関にかかられるときは必ず新しい保険証持参のうえお越し下さい!!保険証が切り替え中でない場合、会計が一旦全額自己負担になるかもしれませんので、お気をつけください(#^.^#)

☆造幣局の通り抜け情報☆
平成20年4月16日(水曜日)から4月22日(火曜日)までの7日間
・平日は午前10時から午後9時まで
・土曜日・日曜日は午前9時から午後9時まで
・日没後にぼんぼりなどでライトアップします。
・週末は混雑が予想されますので、できるだけ平日のご見物をおすすめします。

4月の受診の際には、よろしければお花見もどうぞ♪

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

笑い
2008年4月 8日

春ですね。

ぽかぽかの日差しも温かく桜も満開で、気持ちのいい季節になりました。
自然に気持ちもウキウキしてくる春だからこそ、毎日笑顔で過ごしたいものです。

「笑い」は健康にもいいと言われているんです。

・「笑うと免疫力がアップする」
笑うことによってガン細胞をやっつけるNK細胞が活性化され、ガンの予防にもつながり、
また、免疫が高まって起こる膠原病やリウマチにも効果的です。

・「笑うと自律神経に変化が起こる」
自律神経は内臓の運動、分泌を主な働きとしています。
笑うことで、精神的にリラックス状態になり、自律神経が安定します。
すると腸などの内臓の働きを良くし血行も促進され体をいい状態にしてくれます。

・「美容にも効果的」
顔には表情筋がたくさんありますが、普段使わなければどんどん衰えていきます。
そこで笑うことによって表情筋が鍛えられ活性化し、ハリのあるお肌が保てるのです。
また、便秘にも効果があります。
笑うことで力が入り、腹筋や横隔膜が鍛えられ、排便をスムーズに行えるようになります。
睡眠にも効果があり、体の筋肉が使われるため適度の疲れが生じ、
よく眠れるようになりますし、美容には「笑い」欠かせないのです!

コミュニケーションに最も必要な笑顔は、周りの人も和ませ、自分自身の心も和むことができます。
みんなが笑顔になれば毎日が楽しくなり、周りの人も幸せになれます。
作り笑顔でもいいんです。笑顔を意識してみて下さい。
笑顔のひとがいる所には、自然と笑顔が集まりますよ。

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療 全ての記事一覧ページへ
ページの上へ