大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
糖尿病教室(運動のすすめ&日常生活で気をつけること)ご報告&お知らせ
2008年3月27日

3月4、5日の2日間、糖尿病教室(運動療法ほか)が開催されました。

教室内容
運動療法のすすめ
薬物療法について
日常生活で気をつけること(低血糖発作・シックデイ・フットケアについて)

前回は、「食事療法は最高の特効薬」と題した食事療法の大切さと有効性についてのお話でしたが、
糖尿病の予防および血糖コントロールには、運動療法も欠かせません!
2型糖尿病の方が食事制限だけで減量した場合、体の脂肪は減りますが、
糖尿病の改善効果は十分ではないそうです。
食事療法と運動療法の両方を組み合わせることが効果的で、
これらは「糖尿病治療の両輪」と言われています。
そこで今回は、そんな車輪のひとつである「運動療法」について、その効果や注意点など実践を交えて
説明させていただきました。参加されたみなさんにもその場で実際に行っていただいたのですが、
「これならやれそう」「さっそく始めます!」といった声が聞かれました♪

そのほか、糖尿病の方が日常生活を送る上で特に気をつけなければならない事柄に関して、
「なぜ起こるのか」から「どうすれば防げるか」までポイントをまとめてお話させていただきました。

今回は、血糖降下剤の内服治療を行っている方もいらっしゃいましたが、
「血糖値は高くないけど心配だから」という方も多く参加されていました。
今は、予防医学の時代です!
いよいよ4月には、通称“メタボ健診”と呼ばれる特定健康診査・特定健康指導がスタートしますね。

そこで、みなさんにニュースです!
すでに診察に来られた方は、ご存知だと思いますが・・・、
4月より生活習慣病教室を、水曜日と「土曜日」に開催いたします!
みなさまにお忙しい中ご協力いただいたアンケートを集計させていただいたところ、
土曜日の開催を希望される方が多数いらっしゃり、今回の決定に至りました。

次回の教室は 4/2(水曜)11:30~4/12(土曜)10:00~
(時間が異なりますのでご注意ください!)

知れば面白い!「検査データ」 (担当 潮崎看護師)です。
「すでに別な日に予約をいれてしまった・・・」という方も予約日の変更は可能ですので、
ぜひぜひ参加ください!
せっかく時間とお金をかけ、痛い思いをしてまで受けている検査、学んで今後に生かしませんか?
ご家族様連れやご家族様のみの参加も可能です。(費用は無料です!)

~多くのみなさまの参加をお待ちしています!~

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

春眠暁を覚えず
2008年3月12日

皆様こんにちは。受付です。

3月に入り、だんだんと暖かくなってきましたね(*^^*)
『春眠暁を覚えず』といいますが、気持ちよく寝てしまい
朝起きるのが本当につらいです・・・(><;)

今回は、患者様のお呼び出し順についてお話したいと思います。

当院は予約制となっており、できる限り時間どおりに診察室
に入って頂けるよう心がけておりますが、患者様の急増に伴い
混みあう時間帯には、ご希望に添えない場合もございます。
大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご了承をお願い
いたしますm(_ _ )m

暖かくなると同時に花粉もいよいよ本番になってきました!!

冬の寒さに引き続き、CPAPマスクの装着がつらい時期ですが
点鼻薬・飲み薬などの使用も合わせて、無理のない程度に
がんばっていきましょう~^^/

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

PSG検査
2008年3月 7日

月に数回PSG検査を行っているという某総合病院の呼吸器科で働く看護師の友達と、
以前PSG検査について話す機会があったのですが、
そこでは夕方にSAS関連の業者さんの検査技師が来て、
患者様にセンサーを装着しデーター記録開始後は、患者様の生データーを監視する人はおらず、
看護師は患者様の夜間のトイレの際と朝決まった時間にセンサーを外すだけなので、
SASのことやセンサーのことはほとんど知らないと言っていました(-.-;)

それに加え、
「あのセンサー着けれるとか凄いな~。何で夜、徹夜してなあかんの?
夜勤じゃない時は昼間、何してるん?」と…(`д’)ρ

すでにPSG検査を当院で体験された方は、
センサー装着後や夜間に何度も何度も夜勤者が部屋を出入りし、
嫌な思いや不安な思いをされた方もおられると思いますが、
電極やセンサーをテープで付けているだけですので、汗にも弱く無意識に手で外してしまうなど、
1本でもセンサーに不良が起きれば解析不可能なデーターになってしまうこともあるデリケート検査なのです(+_+)

その為、当院では我々検査技師が寝ずの番で皆様の生データーを監視しています!
夜勤者が部屋を出入りするという状況になった方は、
「夜間放置の病院だったらキレイなデーターが取れてなかったかもしれない」と入室してくる私達に驚かず安心して寝ていただけると嬉しいですm(_ _)m

ちなみに当院の技師は昼間は、入院された方のデーターの解析や、
CPAPをお使いの方のフォロー、初診時の心電図や肺機能検査などをしております!

ますたに呼吸器クリニック <大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療

大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療 全ての記事一覧ページへ
ページの上へ