大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療
「本気でダイエット」
2019年3月 7日

  本気でダイエットを始めました。人
生、物心ついた時からもう何度目かわからないこの宣言。生まれたときはほぼ標準だったのに、小学校高学年の頃には立派な固太り体型になって今日に至ります。
理由は単純です。「食べ過ぎ」。ごはんもオヤツも大好きです。お酒も大好き。
これまでいろいろ試しました。ゆで卵ダイエットとか、あとは基本的に食べる量を極端に減らす。当然ですが、不健康な痩せ方をして、またリバウンドして、そんな繰り返しです。
昨年の夏に意を決し、とあるトレーニングジムに通いだしました。
最大のきっかけは制服のウエストがきつくなりすぎて、ファスナーが上がらなくなりそうなくらいになったこと。おしりもパツパツ。これは本当にマズいな、と。
じわじわと太ってきているのは気づいてはいたのですが、現実から目をそらしていた。
勝手に「年のせいかな、更年期かな」と。恐くてずーっと体重も計っていませんでした。そのジムはマンツーマンで指導してくれます(〇〇ザップではありません)。
初日に体重計に乗ってガーーーーン(泣)思っていた、以上に増量ぶりがすごい!
体脂肪もお腹回りも。立派な肥満でした。
トレーナーさんといろいろお話をし、私の問題点は不規則な食事と夜遅くにアルコールと油ものなどを摂取して時間たたずに寝ること、と。わかってはいたけど...。
それからは大好きなビールはやめて、家飲みもほぼ0に、飲むときはハイボールか焼酎にしました。摂取カロリーもある程度計算し、糖質を極力控えてタンパク質をとり、筋肉をつけて代謝を上げるため週に2回はトレーニングに励みました。
毎日体重と体脂肪をチェックする習慣もつけました。筋トレを初めて自分のあまりの体力のなさに驚きました。もっとガッツリできると思っていた。腹筋1つまともにできない。老いを感じました。情けなかったです。そしてもう1つ。筋肉痛はひどかったのですが、あんなに悩まされていたひどい肩こりが全くなくなり身体が楽になったことにもびっくりでした。やはり運動不足だったんだな...。トレーニングは時にキツくて毎回泣き言を言っていた。娘のような若いトレーナーさんに叱咤激励されながらなんとか頑張り続けました。徐々にできることが増えて嬉しかったです。
結果、3か月で体脂肪-7.7%ウエスト-11㎝でした。なんとか肥満脱出!制服は余裕で入るようになったし、体も心も軽く感じます。そのジムは卒業しましたが、今は自己管理で引き続き頑張っています。もう少し体脂肪を絞りたいと目標も大きくなりました。そして、今回の経験で感じたことは、やはり自分の身体に興味、意識を持つことの大切さです。まぁええかー、と放っておいたら必ずリバウンドする自信がある。また、毎日体重を計ることも重要だと感じました。少しの変化に一喜一憂するのではなく、ちょっと増えたな、と思った位で対処していけば太ることはまずないのでは、と少しだけ前向きな気持ちになってきました。食べ過ぎてしまいそうな時はあの時のトレーナーさんの顔を思い出してセーブしようと思います。何でも年のせいにしてしまいがちですがやればできる、変われる!これからもますます頑張りたいと思います。

大阪 睡眠時無呼吸症候群

梅見
2019年2月19日

こんにちは看護師です!
今年は暖冬とはいえ、まだまだ朝晩が冷え込み、寒い日が続いていますね(>_<)    先日、少し暖かくいい天気だったので、
散歩がてら大阪城の梅林へ梅見に行ってきました。

まだ、少ししか咲いていなかったので残念でしたが、
すぐ近くに天守閣が見えて満開になる頃は、とても綺麗だろうなぁと思いました。
大阪城の梅林は、100種類を超える梅が1270本も咲くそうで、
品種の多さは西日本一だそうです!

梅林の見頃は2月後半~の予想で、遅咲きは3月下旬まで咲いているとのこと。    3月中旬は桃園の桃も咲き始め、年によっては梅と桜のお花見が楽しめるそうです。

次回は桜の花見を楽しみに行ってみようかと思っています♪
みなさまも是非、クリニックに受診された際は、
散歩がてら足を運んでみてはいかがでしょうか? 

大阪 睡眠時無呼吸症候群

風邪やインフルエンザ予防対策を
2019年1月31日

こんにちは、看護師です。
1月も終わりですが毎日寒さが続きますね~!寒さに加え乾燥も酷いものです。
我が家の暖房と空気清浄機、加湿器はフル活動です。

年始より皆様が来院されると診察室で「風邪やインフルエンザに罹りました」と報告して下さいます。その間CPAPが使用できず二重苦だったと...眠れないと回復を遅延させてしまう為に更に辛いです。

そこで皆様、風邪やインフルエンザ予防(感染予防)について少しだけお話しさせて下さい。
現在インフルエンザの流行はピークの勢い、先日のデータでは5人に1人がインフルエンザに罹られているとのことでした。恐ろしい統計です...。気温の低下や乾燥は風邪やインフルエンザウイルスが一気に増殖します。理想の室温は18~22℃で湿度が50~60%と言われています。なかなか実現できないのが現状ですよね...。そこで出来る限りの日常予防を。

まずはマスクの着用です。昔は医療者が着けているイメージでしたが、今では日常でマスク着用されている方が増えて嬉しい事だと思います。
吸い込むからうつると思いがちですが、それだけでなく直接菌やウイルスのついた手でご自身の口や鼻を触り、自身の体内へ侵入させてしまう事が一番のリスクなのです。また罹られている方はマスクをしていることで中にいる菌やウイルスを外にペタペタと着けずに済みます。それに加えマスクは加湿にもなり効果大です。

そして着いた菌やウイルスを手洗いと嗽で洗い流す事です!今大手ショッピングセンターの出入り口やお手洗いでも、アルコール消毒が設置されています。持ち込まない、持ち帰らない配慮として有り難いことだと思っています。よくご家族で順番に罹られる...まずはお帰りになられた際は手洗い、喉についた菌やウイルスを嗽で洗い出し持って帰らないことを心掛けましょう。

うつらない、うつさないを励行するに越したことはありません。しかしどうしても罹られてしまった場合、疑われる場合は早めに受診をおすすめします。

この時期、しっかりとした水分補給と罹らない環境作りで、元気に乗り越えましょう!

大阪 睡眠時無呼吸症候群

全ての記事一覧 全ての記事一覧ページへ
ページの上へ