大阪 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療
初夏
2019年5月29日

大型連休も終わり疲れが出ているこの時期。初夏のはずの5月が早くも真夏並みの暑さですが、皆さま体調は崩されていないでしょうか。こんにちは、技師です(^^)

運動会の練習中などに児童が熱中症と見られる症状を訴え、病院に搬送されるケースは全国各地で発生しています。
しかし、熱中症は屋外だけでなく屋内で発症するケースも多く見られ、また睡眠中に発症することも珍しくありません。
睡眠中に発症する「夜間熱中症」は、睡眠中の発汗によって体内の水分とミネラルが多量に失われ、身体が脱水状態になることが原因だと考えられています。
夜間熱中症を防ぐためには水分補給が何よりも大切です。就寝前と起床時にコップ1~2杯の冷たすぎないお水をお召し上がり下さい。
また、気温や湿度の高い夜は、寝苦しさを無理に我慢せずエアコンの冷房やドライを活用して寝室を快適に眠れる環境に保つことも大切です。

身体が暑さになれていないのに気温が急上昇するときは特に注意が必要です。
夏本番はまだまだ先ですが、暑さに負けず日々過ごしていきましょう!!

大阪 睡眠時無呼吸症候群

芸術に触れて
2019年5月25日

こんにちは!看護師です。
まだ5月だと言うのに、夏日〜真夏日が続いていますね。
来週には少し落ち着くようですが、この週末猛暑日の地域もあるようです(*_*)
乾燥しているのでカラッとした暑さではありますが、暑さにまだ身体が慣れていないこの時期、熱中症対策をしっかり取って十分にお気をつけくださいね!

さて、少し前になりますがG.W明けに、大阪市立美術館で開催されていた
「フェルメール展」に行ってまいりました♪
音声ガイドを聞きながら巡ることで、一層絵画の世界に浸ることができます(^^)
私自身、抽象的な作品よりも写実的な作品が好みなので、今回は見惚れるだけでなく、思わず触れてみたくなる作品もあり、とても良かったです。
絵画に関して何の知識もないですが、絵画だからこその魅力がそこにはあり、綿密に計算されたその構図や技法には本当に驚くばかりでした!

絵画は鑑賞するのみで、センスも技術もまったくない私ですが・・・
「いつか、旅先で絵てがみを描いたり、スケッチをさらっとできる、そんな人になりたいなぁ」という何年も前に抱いていた想いをふと思い出しました(^^♪

大阪 睡眠時無呼吸症候群

「野菜から食べる」
2019年4月25日

こんにちは!看護師です。

当院で採血時、夕食を食べ過ぎるという方に「食べ順」を伝えさせてもらっています。
食べ順とは、野菜(汁物)→おかず→ご飯の順に食べると、食後の血糖値の急上昇を抑えることができます。野菜・海藻・きのこなどに含まれる食物繊維が、糖質の消化・吸収を穏やかにするためです。また歯ごたえのある野菜はよく噛んで食べるので、満腹感も得られやすくなります。

私の子供はおかずとご飯は一緒に食べていますが、必ず野菜から食べています。
好きなものを後に残して食べたいという気持ちもあるようですが笑、
始めてから5~6年、野菜から食べることが習慣となっています。
食べる順番を入れ替えるだけですし、習慣化しやすいと思います。

糖尿病を気にされている方、減量をされたい方、
夕食時のみでも「野菜から食べる」ことをおすすめします。

大阪 睡眠時無呼吸症候群

全ての記事一覧 全ての記事一覧ページへ
ページの上へ