終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)について

大阪天満橋のますたにクリニック

睡眠ポリグラフ検査とは、夜間どのような睡眠をとっているのかを全体的に見る検査です。

睡眠時無呼吸症候群を含めて、睡眠障害を正確に診断するためには睡眠ポリグラフ検査が必要です。

最近では脳波を検査せずに睡眠中の呼吸の状態などを検査する簡易診断法も行われますが、この方法では最も肝心な睡眠の状態が検査できません。
つまり寝ているのか、起きているのか、また寝ていたとしてもよく寝れているのか
(深い睡眠が得られているか)、睡眠状態が悪いのか(浅い睡眠ばかりで、途中に何回も短時間の覚醒が起こっている事があります)は、脳波を含めた睡眠ポリグラフ検査でしかわかりません。

脳波、眼球運電図、筋電図、呼吸活動、心電図、酸素濃度、いびきの音などを夜間記録します。この検査で眠りの深さの判定、不眠症や過眠症、不整脈、足の筋肉のピクピク発作などがわかります。

検査は頭、目、耳の後ろ、あご、胸、お腹、足にバンドや電極をつけます。
少し煩わしいと思いますが痛みはありません。

電極をとりつけるので眠れないのではないかと思われるかも知れませんが、実際にはほとんどの人が眠っており、検査に支障のある人は稀です。

快適に眠れるように睡眠検査室は全室個室で個別に温度調節ができます。

検査の手順

大阪天満橋のますたにクリニック

治療について

まず、治療するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

基本的には、2点あります。

1点目は、睡眠中の無呼吸によって分断された睡眠がもたらす日中の眠気が改善し、
仕事の効率が上がる、ミスが減る、交通事故等のリスクが減る、元気になる、という事です。ただ、眠気の自覚は個人差が大きく、ひどい無呼吸があっても眠気は感じないという方もおられます。

2点目は、睡眠時無呼吸症候群によって、起こって来る、医学的な問題を避けれる可能性があります。
具体的には高血圧、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などのリスクを減らすことが出来るのです。つまり眠気の自覚症状のない方でも、医学的には治療する事に大きな意味があります。そのためご自身の無呼吸がどの程度なのか主治医の先生によく聞かれて、治療法を考える必要があります。
それでは、睡眠時無呼吸症候群と言われた方へ治療法を解説いたします。

治療の大原則
まず睡眠中の体位の工夫を考えましょう。
仰向けで寝ると重力の関係で舌や軟口蓋が下向きにさがり、上部気道を塞ぎます。
これが睡眠時無呼吸症候群の原因です。そのため横向きに寝ると症状がよくなる可能性があります。

ただ全ての方に有効であるわけではなく(軽症の方でも効果がないことがあります)、
横向きに寝ることが効果があるかは検査の時に判定されますので、主治医に確認することが必要です。

それでは横向きに寝るにはどうすればよいでしょうか?

寝るときには自分で横向きに寝ていても、知らずに仰向けになってしまいます。
そこで、枕に傾斜をつけてみたり、パジャマの背中に丸めたタオルを縫い込んだり、テニスボールを縫い付けたりして、仰向けになると刺激があり、自然に横向きに戻るようにします。

大阪市天満橋のますたにクリニック

体重コントロール
睡眠時無呼吸症候群の方の中には肥満が発病の原因になっている方が多くいます。
(日本では病気の70%と言われています)このような方の場合は減量が有効です。

ただ重症の無呼吸症候群の方の場合、必ず、睡眠時無呼吸症候群の治療を先にしないと、減量は困難であるばかりか、大変なリスクを伴いますので主治医の先生とよく相談してください。

減量の効果が出る目安は体重の5~10%です。あせらず、ゆっくり減量に取り組みましょう。

また食事制限のみの減量は脂肪の減少に結びつかず効果が現れにくですので、激しい運動ではなくウオーキングなどのエアロビクス系の運動は脂肪燃焼効果が高くお勧めです。

大阪市天満橋のますたにクリニック

生活習慣を見直しましょう
寝る前のアルコールは筋肉をより緩める働きがあるため、避けましょう。
少なくとも睡眠前4時間を目安にして下さい。

他に睡眠薬や精神安定剤も同様ですので、主治医に相談ください。
タバコも気道粘膜に刺激を与え粘膜が腫れていびきが出やすく、無呼吸を悪化させる事があります。
睡眠時無呼吸症候群を治療する中で、ご自身の食事、運動、アルコール、タバコ、内服薬等を見直し、これをきっかけに本当の健康を手に入れましょう。

CPAP療法

経鼻的持続陽圧呼吸療法装置(CPAP)は、
一定圧を加えた空気を鼻からマスクを通じて送り込むことによって、上気道の閉塞を取り除き、
睡眠中の気道を確保する非常に有効な治療法です。

ほとんど全ての睡眠時無j呼吸症候群の患者さんに有効で、
多くの患者さんへの治療の第一選択とされてます。

大阪天満橋のますたにクリニック

口腔内装具

歯科装具は、睡眠中に装着し、舌や下あごを前方に固定することで、
舌の広報の気道スペースを広げ気道の閉塞を防ぎます。

歯科装具は睡眠障害の専門医と連携を持つ経験豊富な歯科医師によって、
患者さん個々に作成してもらうことが必要です。

大阪天満橋のますたにクリニック

耳鼻咽喉科での外科手術

子供の睡眠時無呼吸症候群の場合は、アデノイドや扁桃の肥大が原因であることが多く、
手術が第一の選択になります。

また、大人の場合でも、気道閉塞の原因がアデノイドや扁桃の肥大であると明らかな場合や、
ほかの治療方法では、うまく治療できなかった時などは、
耳鼻咽喉科医による手術が必要となることがあります。

大阪天満橋のますたにクリニック

その他

その他

ページの上へ