診療方針
大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック この病気の患者様の多くは働き盛りの男性に多く、最近では女性、子供でも注目されておりますが、 診断、治療のための入院を行う場合、現状の病院の規則では仕事に支障をきたしてしまいます。 そのため入院検査(睡眠ポリグラフ検査)、入院治療(CPAP治療)でも可能な限り夕方以降の入院、 朝の退院が可能で勤務への影響を最小限にする必要があります。
大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック 大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
CPAPの治療を健康保険で行う場合月に一回の通院が必要ですが、
午後7時までの診療時間や土曜日の診療で勤務時間以外での受診を可能にする必要があります。
大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック 大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
睡眠状態の評価には脳波を含めた終夜睡眠ポリグラフ検査が常時可能であることが必要です。
また既にCPAPを使われている方にも今後の再評価時睡眠そのものの改善や悪化を評価するためにもこの検査は有用です。
大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック 大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
治療機器やマスクなど今後も更に改善が進むことが予想され、
常に最良のものを提供できるための体制が必要です。
大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック 大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
専門の検査技師の養成、そして私自身が更にこの病気に対して、
更に専念して取り組む体制が必要です。
大阪天満橋の睡眠時無呼吸症候群専門クリニック
スタッフのみんな
来院前の痛みがとれたときの安心した笑顔
次の予約をお取りするときの期待に満ちた笑顔
治療が終わったときの満足感のある笑顔
私たちは皆様が少しでも安らぎや、
心地よさを実感して頂けるよう、
誠意ある対応を心がけています。
同時に個々の能力の向上のため、
常にチャレンジ精神を持ち続ける事をお約束します。
ページの上へ